1_2.jpg

日本の秋田犬の歴史

日本の秋田犬は、北日本の東北地方の秋田県で生まれました。東北は日本の雪国、つまり「雪国」に該当するため、この地域の住民は、極北の気候に耐えるために、強力な狩猟本能と厚い耐候性のコートを備えた品種を必要としていました。秋田県内の大館の山岳地帯では、先祖の品種が効率的な狩猟動物として利用されていました。

51025290988_9006484d1e_o.jpg

18世紀、日本の5番目の将軍徳川綱吉が1680年から1709年に権力を握りました。彼は犬の年に生まれ、その結果、犬に特別な関心を持っていました。住民は彼を犬久保または「犬将軍」と呼んだ。 1687年、綱吉は「昇井あれみのれい」として知られる「思いやりの法則」を施行した。当時は極端であると見なされていた法律は、基本的に、犬を傷つけた人は誰でも投獄されるか、処刑されることさえ命じられました。これらの法律から、非常に敬意を持って犬に話しかけ、日本文化で犬を高く評価するようになりました。

history4.jpg

明治時代(1868-1912)、日本人はヨーロッパの植民地化の危険にさらされていた孤立した封建社会から、西洋の科学的、技術的、哲学的、政治的、法的、そして美的アイデア。おそらく最も劇的に、それは継承されたステータスに基づく社会階層の古いシステムを廃止しました。歴史的に戦士の階級として認められていた侍は、今では農民となり、貿易や商業に従事することができ、町民は日本の新しい軍隊に加わることができました。戦士のクラスが時代遅れになるにつれて、闘犬の文化的欲求を満たすために闘犬の人気が高まりました。

土佐ファイティングドッグ(シコクケンとマスティフの交配)は、主に闘犬に使用され、秋田犬などの他の品種と交配されました。これは品種の退化につながり、かつて見られた秋田の純度に影響を与えました。闘犬主導の繁殖慣行を通じて、品種はより大きく、より運動的で恐れを知らず、象徴的な直立した耳を欠いているものもありました。 1909年、県知事。森正孝は闘犬を全面禁止する法律を命じ、秋田犬は番犬の本来の役割に立ち返った。 1910年のドッグ税は、犬種にさらに悪いニュースを追加し、狂犬病の流行中に数千人の秋田犬が虐殺され、さらに数千人が一掃されました。

大館市長の泉茂恵は、1927年に秋田犬保存会(AKIHO)として秋田犬保存会を設立し、現在は八雲宗が誇りを持っています。 1931年、秋田犬は正式に名前が付けられ、約9匹の犬が、品種そのものと同様に天然記念物と見なされています。

秋田犬は第二次世界大戦中にさらに苦しみました。多くの犬が肉や毛皮のために屠殺されました。当時そのような活動から除外されていた唯一の犬は、軍隊によって使用されていたジャーマンシェパードでした。これにより、一部の人々は犬を国外に送り出したり、隠したり、ジャーマンシェパードと犬を交配させたりしました。多くのアメリカ兵がより充実した犬に恋をし、ジャーマンシェパードからの繁殖をもたらしたため、後者はアメリカンアキタの台頭につながりました。彼らは後にこれらの犬をアメリカに連れ戻しました。一関国郎など一部の個体は、すべての命令に反して、数匹の犬を飼い、戦後すぐに繁殖を始めました。伊藤さんという男がアメリカ兵に混血の秋田犬を売ったのはその時で、アメリカ兵はアメリカに連れて帰り、人気が急上昇しました。日本国外では、人々はこれらの犬を日本で飼育されている品種の犬であると誤って考えていました。今日に向けて、世界中の国々は、アキタヌとアメリカンアキタとして開発されている両方の品種を認識しています。

ヘレン・ケラーは、多くの人から、最初の秋田の1つをアメリカに連れて行ったとされています。ケラーさんは1937年に身体障害者を研究して日本を旅行していました。ハチ公の話を聞いた後、彼女はその品種を紹介するように頼んだ。秋田県警の小笠原さんの生後2ヶ月の子犬を見せられ、すぐに恋に落ちました。彼の名前は神風吾であり、小笠原氏は彼をケラー嬢に贈り物として与えることに同意した。

history5_edited.jpg

ケラーさんが2か月後に米国に戻ったとき、彼女はカミカゼゴーを連れて行きました。 1か月以内に、彼は犬ジステンパーで亡くなりました。その後、カミカゼの同腹の兄弟であるケンザン・ゴーがアメリカに送られるように手配され、そこで彼はすぐにケラー嬢の親友であり保護者になりました。

今に至るまで、私のような日本の秋田犬愛好家は、この特別な品種の研究、開発、保存に人生を捧げてきました。私たちは、新しい犬を輸入する前に広範な遺伝子研究を実施し、繁殖プログラムの日本の秋田犬の健康診断を行い、犬のイベントや繁殖セミナーを通じて教育を行っています。日本の秋田犬の歴史は、今日までアメリカで進化している複雑なものです。そのため、資格のあるクラブや個人を通じて品種について自分自身を教育することがどれほど重要であるかを十分に強調することはできません。近年、アメリカやカナダの「新しい」ブリーダーから注目が集まっているので、日本の秋田犬を自分で調達する際には、基準を維持することが重要です。